私が学生の時に就職した時にした活動を紹介します。

就職活動における面接の重要性とその対策 私は社会人になって5年目になります。5年前は就職先を探すのに必死で、自分でスケジューリングをしながら活動を行っていました。就職先を見つける際に一番重要なことは早く動くことだと思います。私が就職に向けて動き始めたのは大学3年生の時の秋でした。私は、大学3年生の秋からリクナビに登録し自分が受けたい業種、職種をリサーチしました。また、

何故その企業なのか、何故その職種なのか。その企業のその職種について何をやりたいのか。どのように貢献できるのか。自分が学生時代に頑張ったことは何なのか。ありとあらゆることを考えながら、履歴書、エントリーシートの作成を行いました。そして、志望している企業のセミナーへの参加、または会社説明会に積極的に参加し始めました。志望度が高い企業に関しては、複数回参加し、企業の人事部の方に名前と顔を覚えてもらうようにしました。更に可能な企業はインターンシップへの参加も心がけました。

年明け2月くらいからは徐々に企業の選考が始まりました。企業の選考で必ず筆記試験が行わるため、事前に自分でSPI、一般常識などの問題集を購入して毎日時間を見つけて勉強していました。2月上旬から書類選考と筆記試験が始まり、その後2回面接を行いました。順調に選考が決まり、私が初めて内定をもらったのは4月12日でした。4月上旬にはまだ周りが就職が決まっていないため、早めにもらっておくととても安心できます。就職は人生を左右することなので、よく考えて早めに動くようにしましょう。

関連情報

Copyright (C)2022就職活動における面接の重要性とその対策.All rights reserved.