就職の活動に役立つこと

就職活動における面接の重要性とその対策 就職の活動をするにはまず求人情報を探さなくてはなりません。私はハローワークと、新聞広告と折り込みチラシとインターネットで求人情報を探しました。希望する仕事が見つかったら、100円ショップで買った履歴書に経歴や資格、職歴を書き込みます。もちろん写真も貼ります。それからインターネットで面接用の服も用意しました。口コミをしっかり確認して安いですがしっかりした生地と縫製のスーツを購入しました。その服は働くようになってからも時々着ています。靴と鞄も面接用のきちんとしたものを購入しました。それから美容院に行って、きちんとした髪型に整えました。メイクもきちんとした印象になるよう練習しました。身なりをきちんと整えたら、次はいよいよ面接に臨みます。

会社によっては、まず電話で面接の申し込みをする場合もあります。その時からすでに採用の判断の材料を相手方に与えていることを覚えておくべきだと思います。特に事務職での採用の場合、電話応対のスキルをチェックされます。電話をする前に、にっこり笑って笑顔を作り感じの良い声で応対できるようあらかじめ準備しておくことも大事です。人事担当の人が、「今の電話かけてきた人、きちんとした話し方をするひとだったな。いい感じだ」と言っていたなと思っていた人が、採用されてきたりしたこともありました。実際の面接では、ある程度の緊張感を持って臨むべきだと思います。緊張しすぎるのは困りますが、あまりになれなれしいのは印象があまり良くないように思います。

関連情報

Copyright (C)2022就職活動における面接の重要性とその対策.All rights reserved.